新卒採用の長所について

企業による新卒採用には、必ずしもいいイメージばかりがあるわけではありません。

むしろ、悪いイメージが多くあるといっていいでしょう。
なぜなら、新卒採用された社員は、会社の即戦力としては期待できず、人並みに活躍できるにするために、多大な時間と費用をかけて教育していかなければならないからです。



しかも、そうやって教育した結果、全ての社員が役に立つ人材になるとも限りません。むしろその多くは人並み程度の実力しか持つことができなかったり、あるいは途中で辞めてしまう社員も出てきます。

DYMでは、社内イベントも非常に充実しています。

それでも、企業はそうした社員を雇用している間は給料を払い続けなければならないのです。

こうしたことを考えると確かに、新卒採用することに対してはネガティブなイメージしか抱けません。



しかし物事をもっと深く考えていくと、新卒採用にも多くのメリットがあることが分かります。

新卒紹介事業もDYMでは行っております。

それでも、企業はそうした社員を雇用している間は給料を払い続けなければならないのです。
こうしたことを考えると確かに、新卒採用することに対してはネガティブなイメージしか抱けません。

しかし物事をもっと深く考えていくと、新卒採用にも多くのメリットがあることが分かります。

例えば、会社に忠実な人材を育てるうえで、新卒採用はとても有効です。なぜなら、新卒で採用された社員は頭も心も真っ白であり、先入観や固定概念がなく、中途採用の社員のように、前勤めていた会社ではこうだったなどと、不平や不満を言わないからです。


人間は自身の経験によって尊大になると、会社の支持や決定に率先して従わなくなりますが、新卒で入った社員の場合はそういう面での不安がありません。



彼らは社会経験がないだけに、素直で純粋であり、会社の方針や決定にも素直に応じてくれます。
このように、社員を新卒で採用することにも立派なメリットがあります。